家族

妊婦は歯の治療が大切です

歯みがき

女性の方で妊娠中の方や妊娠を計画している方は、歯の治療を早目に行っておくようにしましょう。妊娠すると女性の体は大きな変化を起こします。それは口腔内のバランスも同じです。女性は妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌されるようになるため、口腔内を衛生的に保つ役割を果たしている唾液の分泌量が減少してしまいます。唾液の分泌量が減少すると虫歯や歯周病になりやすくなるため、妊娠をしている方や妊娠の計画がある方は早目に治療を行っておく必要があるのです。また出産時には歯に大きな負担がかかります。出産時には強い力で歯を食いしばることが多くなるため、歯の状態が悪いまま出産時期を迎えてしまうと歯をしっかりと食いしばることができず、出産時に大変な思いをすることになってしまうのです。

久喜の歯科では出産や妊娠をひかえた方を対象とした歯科検診に力を入れています。歯科検診では虫歯の治療や歯周病対策はもちろんのこと、妊娠性エプーリスのような良性の腫瘍ができてないかなどもチェックします。妊娠性エプーリスとは歯茎にできる良性の炎症のことで、妊娠3ヶ月ごろからみられるようになるものです。妊娠性エプーリスは歯周病に悪影響を及ぼすことがあるので、出産前にしっかりと治療を行っておく必要があります。歯科治療では麻酔なども使用することがあるため、妊娠中の女性にとっては気がかりな部分ですが、久喜の歯科では妊娠中の女性が安心して治療を受けることができるように使用する麻酔や薬の説明なども十分に行いながら診療を行っています。久喜で妊娠中の方や妊娠を計画している方は、妊婦へのインフォームドコンセントを重視している久喜の歯科で治療を行いましょう。