家族

治療の相談が多い症状

ファミリー

徳島の歯医者には、近年、女性を中心に顎関節症の治療の相談をする方が多いです。顎関節症とは、20代から30代の女性に多く発症する症状です。下顎と上顎の窪みの間には、関節円板という骨同士が擦れ合わないようにする組織があります。いわばクッションの役目をしている組織が有るということです。この関節円板は、歯ぎしり、噛み合せの異常が原因で炎症が起こります。やがては、口が開かなくなり、激しい痛みを感じるようになります。これが、顎関節症の主な症状です。その他にも、食事時などに異音がする、噛み合せがおかしいなどの症状が表れます。そして、重症になると、痛みが全身に及び、食事を摂るのが困難になります。日常生活に支障をきたすので、異常を感じたらすぐに徳島の歯医者で診察したほうが良いです。

顎関節症の治療として、徳島の歯医者ではマウスピース治療を行っています。これは、顎関節症の治療で最も多く行われている治療です。口に合わせて作製された透明なマウスピースを、夜寝ている時に装着します。これによって、顎関節症でずれた噛み合わせを正常な位置に持っていく効果があります。それで、口の開閉をスムーズにして、顎への負担を軽減する作用も有ります。その他にも、徳島の歯医者で薬物療法による治療も行っています。これは、個々の患者の症状に合わせて鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬を服用する治療です。薬には、患部の炎症を抑えたり、痛みをとるなどの効果が有ります。顎関節症でもたらされる症状を緩和してくれるので、とても重宝されています。